メニュー

改善データ

モニターの方

福岡県在住 11歳男児(スタート時)
左耳のみ先天性重度難聴

・耳トレスタート時は100dBを超える音量でも音が聴こえず、耳の中に「振動という感じ」だけが伝わる程度だった

トレーニング方法

●インコアイヤホンを左耳だけに装着。毎日連続約2時間以上好きなTVや音楽鑑賞。
●音楽は主にアニメ主題歌。

【補足1】耳トレスタート時は100dBを超える音量でも耳の中に響きがある程度だったが、耳トレを続けて6ヶ月後には音が聴こえてくる。
【補足2】耳トレ8ヶ月目より篠笛耳トレ音源によるトレーニングを開始。
【補足3】耳トレを継続できる時とできない時があり、聴力が上下に変動を繰り返すも、健聴者レベルまで聴力改善したので、最終調整のため両耳での耳トレに切り替える。

聴力推移

data01-01 data01-02 data01-03 data01-04 data01-05 data6 170327i

現状

【A】耳トレ6ヶ月を経過頃から、本人の自主性に任せていたが、耳トレが全くできていない状態になる。結果、8ヶ月後の測定では一気に聴力が低下する。
【B】8ヶ月目以降にご両親徹底管理の下で毎日必ず耳トレの時間を作り、再度トレーニングに励んだところ、改善スピードはダウンしているが、再度聴力が改善する。13ヶ月目でようやく取り戻す。
【C】現在進学校の高校生となり、全寮制の生活を送っているため耳トレに大きな制約があるが両耳で2時間以上、篠笛による耳トレを実践している。
(耳トレ6年目に入る)

【D】医学的には健聴レベルの聴力に回復してしまっているが、まだ十代の学生のため若者相応の聴力を目指して、更なる改善に向かって耳トレ継続中。

【E】医学的には重度の感音性難聴から完全な健聴者に。後は耳トレもかねて「インコアで音楽を楽しむ!」そして東大入試へ!!
難聴が消えて、本人とご家族の満面の笑顔だけが残りました。