メニュー

お客様の声

サポーター代表コメント

TERUMASA HINO

現在、ワークショップで中学生によるジャズ・ビッグバンドの校長を務めていますが、その中で音楽を通して皆がつながり、平和を考え、地球を救うような心を育てることを一番大切にしています。
ところが、その音楽を楽しむハード部分で、中・高・大学生達が難聴になる危機に直面していることを知り、心を痛めていました。
音楽を奏で提供する側の人間として、“「静か」を持ち歩く”というこのコンセプト商品を知り、応援しようと思いました。

KIYOSHI MAEKAWA

20歳で歌手としてデビューしてから38年になります。
私の新人時代は、歌は屋内で聞くことが常識でしたが、現在では様々なミュージックプレイヤーや携帯電話を含め、音楽を持ち歩く時代です。
しかし、この利便性の反面、若者のイヤホンによる難聴問題が発生しています。
音楽は楽しみや喜びや感動を通して、「安全」に「人の心を癒す」ことができなければなりません。
安全・安心をキーワードとした“「静か」を持ち歩く”というこのコンセプトを、いつまでも応援していきます。